ビルケン, ソール補修

b1_b2_

ソールの外側の部分がすり減っています。

歩き方によって、すり減る場所は人それぞれ。
放っておいたままで歩くと、バランスが崩れ
膝や腰など痛みの原因になってしまいます。

このような時は、傾斜板という
斜めにカットしてあるゴム素材を使います。
靴のすり減り部分に合わせて素材を削り
ピタリと接着!!
ビルケンシュトックもこんな感じです^^

スニーカーなど、靴の上部とソールが一体になった靴は
傾斜板で早めのお直しをおススメします!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ↑クリックして頂けたら嬉しいです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中